2014年08月24日

日焼けで顔が浮腫み(むくみ)ケア方法は?


よく、長時間日焼けした後など
顔がむくむことがありますよね?

翌朝にはもっとパンパン!
なんていうこともしばしば。。。

そんなときは
どうやってケアしたら
よいのでしょうか?




@ 日焼け後は必ず冷やす


日焼けで顔が浮腫むのは、
皮膚が火傷状態になっているから


火傷の初期症状に有効なのは、
とにかく冷やすことです。

日焼けの度合いにもよりますが、
その日のうちにスグに冷やせば、
翌日のむくみを抑えられます。

方法は、
冷水、冷やしたタオル、保冷剤、
冷やしたローションなど


肌がほてっているときは
ほぼ確実にむくんでしまうので、
常に冷やすことが重要です。




A 数日間は丁寧に保湿する


日焼けでむくんだら、
その後数日間は
保湿を丁寧に行いましょう。

日焼けで一番怖いのは、
皮膚の乾燥です。

むくむほど日焼けしたうえ
乾燥を放置すれば、
シミ、シワ、かゆみ、湿疹といった
多くの肌トラブルが生じます。

そのため、保湿は朝晩丁寧に。

化粧水を何度も肌に馴染ませ、
最後はクリームでフタしましょう





あとは、
乾燥を進行させる熱いお湯は避け、
洗顔は、水か水に近いぬるま湯で
行います


夜はビタミンCをたっぷりとって、
火傷状態の皮膚の回復を
できるだけ早めてあげましょう。




■ 日焼けで顔が浮腫んだ時の
    集中ケア 



次は、冷やしローションパック。
これは日焼け直後にオススメです。

むくみの予防はもちろん、
浮腫んでしまった後でも効果的。

簡単なので、
ぜひ試してみて下さい♪



用意するもの


1. パック用シート

化粧水を染み込ませて使う、
顔型のシート

大判のコットンなら、
顔全体を覆える枚数を用意



2. 化粧水

大容量で安価なものでOK
(おすすめはハトムギ化粧水)

あらかじめ冷蔵庫に入れて、
完全に冷やしておく



3. スプレー式容器

化粧水を小分けして入れ、
これも冷やしておく




そしてやり方はホントに簡単。

冷えた化粧水をシートに染み込ませ
顔に貼って約3分


日焼け後は乾燥がひどいので、
3分もすればシートのフチが
乾いてきます。


それを目安に、
化粧水を追加します。

スプレー式容器に詰め替えて
冷やしておいた化粧水を、
上から吹きかけていきましょう。


こうすれば、
肌は常に冷たく冷やされ、
保湿も十分にできます。

およそ10分ほどパックすれば、
顔のほてりが鎮まり、
むくみの予防・解消になります。


その間、
スプレーでの化粧水の追加は
3回ほど行い、
必ずシートの乾燥を防ぎましょう


最後は乳液か保湿クリームで
潤いを閉じ込めることを忘れずに





posted by kcrgi7 at 17:31 | 美容法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。