2014年07月05日

首のポツポツを消す方法はある?


首にできるボツボツは、
一般的に「イボ」と言われるもの。

遺伝による体質や、
加齢によって出現すると
言われています。

でもコレ、
そのままじゃ嫌ですよね?

個人差はありますが、
消す方法を少しご紹介しますので
ぜひ試してみて下さい♪




1. 即効性を求めるなら・・・


「今すぐ取りたい!」という人には
皮膚科か美容外科がおすすめ
です。

皮膚科なら保険適用内。

イボの大きさや形状にもよりますが
ピンセットでつまんで切除したり、
液体窒素で焼いてもらえます。

また、美容クリニックなら
主にレーザー治療。

どちらも再発する人もいれば
全くしない人もいます。




2. 塗って長期で消すなら・・・


首のイボ取りに好評なものを
いくつか挙げると・・・

・ソンバーユ
・バイオイル
・キョウニンオイル
・木酢液
・竹酢液
・市販の低刺激ピーリング剤
・ハトムギエキス

などがあります。

このうち上から3つのオイルは、
入浴後のぬれたままの首に
塗り込みます。

木酢液や竹酢液は、
綿棒でピンポイント塗り。

ピーリング剤は入浴時、
ハトムギエキスは入浴後、
それぞれ使用します。

どれも効果が期待できるのは、
およそ半年から1年ほど後ですが、
多くの人が半年ほどで
実感を得ているようです




■ ソンバーユでボツボツを消す!


薬師堂のソンバーユといえば、
洗顔後はコレ1つ!
というくらいの万能オイル。

もうすでに持っている人も
多いかも知れませんね。


そんなソンバーユは、
実はイボにもOK。

イボにも性質の違いはありますが、
首のボツボツにも好評なんです。

試してみる価値は、
十分にあると思われます。


まず、ソンバーユでケアするのは、
夜限定。

日中ソンバーユを塗ったまま
紫外線を浴びると、
シミになる恐れがあります。

そのため、
首のボツボツに塗るなら、
夜の入浴後が最適
です。


そして塗り方はとってもカンタン!

お風呂上りに首を拭かず、
水滴が付いた状態で、
適量のソンバーユを塗り込みます


量が多すぎるとべたべたするので、
適量は小豆粒より少なめです。

これを両手のひらでよく伸ばし、
イボを中心に
首全体に塗り込みましょう。

基本的にコレだけでOK。

毎日継続すれば、
およそ半年過ぎた頃に、
イボが小さく薄くなると評判です。


また、入浴後に首を拭いてから、
ハトムギ化粧水→ソンバーユも
おすすめ
です。

化粧水が
完全に染み込まないうちに塗れば
ソンバーユの伸びが良く、
べた付きもあまり気になりません。

ハトムギ化粧水には
高い美肌効果が期待できるので、
ぜひ併用したい化粧水ですね♪





posted by kcrgi7 at 17:04 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。