2013年05月26日

Tゾーンの毛穴・黒ずみ対策方法


顔の中でもTゾーンは
特に皮脂が多い部分ですね。


そのため、洗顔で落としきれない余分な皮脂が毛穴に詰まり、
酸化して黒ずんだりニキビになったりします。


では、Tゾーンの毛穴や黒ずみ対策はどうすれば良いでしょうか?



1. 洗顔を丁寧に!


「毎日しっかり洗っているのに・・・」という人は、
洗顔方法を見直してみましょう。

毛穴・黒ずみ対策には泡洗顔が最適です。
キメの細かいモチモチの泡で皮脂を吸着して流しましょう。



2. スクラブ・ピーリングは控える!


スクラブ入り洗顔料やピーリング剤は、極力控えましょう。
皮脂を無理に出すことは毛穴を傷つけ、広げてしまいます。

また、角質層を薄く過敏な状態にもします。
オイル系のクレンジングでマッサージするようにケアしましょう。



3. しっかり保湿で皮脂を抑える!


皮脂の過剰な分泌は、
主に乾燥からくる皮脂バランスの乱れによるもの
です。

洗顔後は化粧水+クリームでしっかり保湿を心がければ、
次第に皮脂を適切に分泌できるようになっていきます。



このように、Tゾーンの毛穴や黒ずみの対策は、
肌へ刺激を与えず保湿することが大切です。


放っておけば赤ニキビに発展する恐れもあるので、
さっそくスキンケアで対策を始めましょう!




■ 保湿ケアを効果的にする方法とは?



Tゾーンの毛穴や黒ずみ対策のように、
保湿で改善できる肌トラブルは数多くあります。


ですが、毎日時間をたっぷりかけて保湿ケアするのは面倒です。
忙しくて時間がない人もいますよね?


そんな時は、保湿ケアをより効果的に実践していきましょう。



まず、化粧水を肌にしっかり浸透させるには、
肌が柔らかく毛穴が開いた状態がベスト
です。


そのため、保湿するタイミングとしては、
入浴中やお風呂上がり、蒸しタオル後などが最適
ですね。


肌が温まって血流が良くなった状態なら、
化粧水がグングン染み込んでいくのがわかるハズです!



次に、保湿は必ず化粧水+クリームで行うことが大事です。


暑い時期などは化粧水だけで済ませがちになりますが、
これでは肌に水分を保持できません。


化粧水で肌がふっくらしたら、クリームでバリアを作りましょう。
毎回こうすれば、より効果的な保湿ができるようになります。



さらに、普段の保湿ケアを活かすには、
1〜2週間に1度の集中ケア
を行いましょう。


美肌マスクや美容液を使ったり、
手軽なローションパックやラップパックでもいいですね。


やり過ぎは良くありませんが時々集中ケアすることで、
肌のハリ・弾力アップまで期待できるようになるでしょう。


Sponsored Links





Privacy Policy
posted by kcrgi7 at 14:32 | 保湿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

涙袋メイクの作り方が知りたい!


涙袋メイクは、
誰でもカンタンに短時間でできます!



使うのは主にアイシャドウだけ。
メイクの最後に付け足すだけで1分もあればできます。



では、涙袋メイクの作り方について詳しく見ていきましょう。



@ 目の下5ミリ幅がポイント!


パールピンクやパールベージュのアイシャドウを、
目の幅に合わせて三日月型に塗っていきます。

細めのチップを使い、黒目の下は5ミリ幅くらいの太さにします。


※ 涙袋メイク専用のチップ内蔵パウダーを使えば簡単!



A 重ねて立体感を出す!


黒目の下に同じアイシャドウを重ねて塗ります。
立体感が出て、涙袋がぷっくり見えるようになります。


※ 黒目の幅と同じくらい重ねましょう。



B ブラウンのアイシャドウで影を作る!


さらに涙袋を強調したいときは、
作った涙袋の下を、淡いブラウンのシャドウで縁取りします。


※ 黒目の下を中心に、左右に細く自然にぼかしましょう。



このように、涙袋メイクの作り方はとってもカンタンです。


市販の涙袋メイク用シャドウならペンシル型で塗りやすく、
パール系とブラウン系が1本になった便利なタイプもあります。



涙袋メイクはその日の気分に合わせてスグに付け足せるので、
目を大きく魅力的に見せたい時に活用しましょう!




■ 涙袋を作るスキンケアとは?



では次に、スキンケアで涙袋を作る方法について紹介します。


涙袋メイク同様、たった1分でケアできるので、
さっそく夜寝る前に始めてみましょう!




はじめにメイクをしっかり落とし、
いつも通りスキンケアをしておきます。


このとき、涙袋のメイクは入念に落としましょう。
メイクが残っていては美容液が浸透しにくくなってしまいます。



綿棒などを使えばキレイにメイクオフできますね。



次に、涙袋美容液を目の下5ミリ幅に塗っていきます。
塗り残しがないように注意しましょう。


また、これは市販の涙袋美容液でなくても対応できます。


いつもの保湿クリームを綿棒で塗ればとってもカンタン!
保湿することが目的なので、保湿成分が豊富なら問題ありません。



ですが、できれば低刺激で天然成分のものが向いています。
目の際まで塗るので、安心して使えるタイプがいいでしょう。



基本的に、涙袋を作るスキンケアはこれだけでOKです。


しかも、寝る前のひと手間でスグできるので、
毎日忘れず続けることができます。


市販の涙袋専用美容液ならチップ付きで塗りやすく、
早くて1週間で良い実感が得られるとの評判もあります。



1,500円前後というお手頃価格なので、
試しに購入しても良さそうですね。


Sponsored Links





Privacy Policy
posted by kcrgi7 at 11:21 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

ニベアのニキビへの効果はどう?


ニベアといえば手軽なスキンクリームで人気ですが、
最近ではニキビケアにも良い評判があります。



もちろん肌質によって実感は様々ですが、
お手頃価格で肌トラブルのケアができれば最高ですね!


では、ニベアは本当にニキビケアに良いのか、
含まれる成分から考えてみましょう。




1. スクワランで殺菌!


スクワランは保湿に優れ、
新陳代謝を活発化させることで知られています。


ですが実は、殺菌作用に優れた成分でもあるのです。


そのためニキビの原因菌、アクネ菌の増殖を抑え、
ニキビを減らしたりできにくくすることに役立つと考えられます。




2. ホホバ油で皮脂のケア!


ホホバ油は高い保湿力に加え、
肌の皮脂バランスを整える作用があります。


皮脂の過剰な分泌が抑えられれば、
アクネ菌の好物である酸化した皮脂の蓄積を防げられますね。




3. クエン酸で角質ケア!


クエン酸には、
肌を生まれ変わらせるターンオーバー促進の働きがあります。


古い角質を溜め込まずに落とせるので、
毛穴を常に清潔に、ニキビができにくい環境作りに役立ちます。




このように、
ニベアにはニキビ対策に優れた成分が含まれています。


自分の肌質に合えば、
評判の通り、ニキビ対策に良い実感が期待できるでしょう。




■ ニキビ対策の基本的なスキンケア方法



ニキビ対策の基本は洗顔と保湿ですが、
何を使ってケアするかより、どう使うかが大事ですね。


どんなに洗顔料や化粧水を変えても、
そのケア方法が間違っていれば改善は望めません。


では、ニキビ対策の基本的なスキンケア方法を見ていきましょう。



まずは洗顔ですが、
肌に極力負担をかけずに行うことが基本になります。



使う洗顔料は低刺激タイプが理想的ですが、
それよりも大事なのは良く泡立ててから使うことです。


例えば、ジェルやクリーム、固形せっけんでも、
手ではなく泡立てネットを使いしっかり泡立てます。


すると、キメ細かい弾力のある泡ができ、
毛穴に詰まった汚れや皮脂を吸着して流すことができる
のです。



次に保湿ですが、
これも使う化粧水やクリームより、その塗り方が大事です。


例えば化粧水は適当に塗るのではなく、
手のひらやコットンでしっかり馴染むようにパッティングします。


そして化粧水が馴染んで肌がふっくらしたところで、
保湿クリームでフタをしましょう。




このように、洗顔も保湿もひと手間加えることで、
ニキビ対策に適した洗顔ができるようになります。


洗顔で肌を清潔に、保湿で皮脂バランスを整えれば、
自然にニキビができにくい肌を目指せるようになるでしょう。



Sponsored Links





Privacy Policy
posted by kcrgi7 at 17:37 | 化粧品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

メレンゲの気持ちでIKKOおすすめのはちみつ洗顔は?


はちみつには様々な美容成分が含まれているため、
美肌ケアに大変便利
ですね。


最近では洗顔に用いる人も多く、
はちみつ洗顔はメディアでもよく取り上げられます。


では、メレンゲの気持ちで紹介された、
IKKOさんおすすめのはちみつ洗顔はどうでしょうか?




IKKOさんおすすめのはちみつ洗顔に使うコスメは、
下鳥養蜂園の女王乳肌洗顔という、ポンプ式の洗顔フォーム
です。


下鳥養蜂園は、メディアでも度々紹介される老舗の養蜂園です。


花の開花に合わせて移動する転地養蜂というかたちをとり、
質の高いはちみつを採取していることでも知られていますね。


この女王乳肌洗顔には、はちみつやローヤルゼリーに加え、
カッコンエキスやアロエエキスといった保湿成分、
さらにキメを整えるクロレラエキスなども配合
されています。


そのため洗顔後の肌のツッパリ感がなく、
しっとりモチモチの仕上がりが実感できるのです。


保湿だけでなく美白や殺菌作用も期待できるので、
乾燥肌やニキビなど様々な肌トラブルの改善にも役立つでしょう。



この女王乳肌洗顔は、
メレンゲの気持ちでIKKOさんが紹介してから特に大人気です。


洗顔の見直しを考えている人には、
ぜひチェックしておきたいコスメですね。




■ はちみつの色々な活用法



メレンゲの気持ちで紹介されたようなコスメが手に入らなくても、
市販のはちみつを使って様々な美肌ケアができます。



では次に、はちみつの色々な美容活用法を見ていきましょう。



1. 手作りではちみつ洗顔


いつもの洗顔料を泡立てたら、
ティースプーン1杯のはちみつを加えて混ぜます。



するとホイップクリーム状のキメ細かい泡が完成し、
人気のはちみつ洗顔がカンタンにできます。


やさしく洗って流すだけでしっとりした洗い上がりになります。



2. はちみつ化粧水


いつもの化粧水を手に取り、はちみつを1滴混ぜて使います。


これだけで保湿力がグンとアップし、
殺菌作用で肌トラブルを防ぐことにも役立ちます。




3. はちみつパック


洗顔後にはちみつを適量手に取り、薄く顔に伸ばします。
そのままラップや蒸しタオルで5〜7分パックしましょう。



ラップを剥がしたら洗い流し、
蒸しタオルならそのまま軽く拭くだけでOK
です。


1週間に1回を目安にケアしてみましょう。



他にも、いつも使っているヘアートリートメントに混ぜたり、
お風呂に直接はちみつを入れても美肌ケアになります。



乾燥による肌荒れやシワが気になる時には、
洗顔・保湿・集中ケアに、はちみつを上手に活用したいですね。


Sponsored Links





Privacy Policy
posted by kcrgi7 at 16:38 | 洗顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。